2007年02月19日

くるみきんつば・ひよこきんつば

s-070218 nakata_saiji.jpg

金沢・中田屋のきんつば。

催事の時だけに出る「くるみきんつば」と「ひよこきんつば」
これは金沢のお店に並んではいないそうなんです。

「きんつば」「うぐいすきんつば」も とっても美味しいのですが、
このくるみ・ひよこも美味しいです。
くるみは小倉餡にくるみが入ったもの、ひよこは雛豆(ひよこまめ)の餡です。
甘さ控えめで豆の味がしっかりしている。

「くるみ」は 中のくるみがとっても新鮮で、同じ石川県の「月よみ山路・くるみ」の 
美味しさにひけをとらないしっかりとした風味があります。

個人的に 「うぐいす」「くるみ」がオススメ。
posted by whitecoat at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 手みやげ*おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

たいまぐら からの便り

ブログを始めたきっけかは、当時共同でサイトを作成していた仲間内でHPレンタル料とか色々な雑費を捻出するため、試しにブログでアフィリエイトしてみよう、という不純な動機でした。

収入の成果はうすうす予測していたけれど、相当な努力をしないと期待できないことがよーーーくわかり、、、それからは今日まで続き、ガラス工芸のブログもスタートしてみたりして。

しかし、続けているうちに予想だにしなかったネット交流が発生して、実際にお会いすることもあり、自分にとって人生の宝と言うべき友人が誕生しました。

もう一つ、自分自身が大きく変わりつつあります。
いえ、逆に気づかされているんですね、皆さんのブログから。

自分は 今 何を大事にして生きるのか、生きるべきなのか?


智穂さんから おとし文 が届きました。

岩手県の自然豊かな たいまぐら からの便りです。
ぱらぱらと冊子をめくると、情緒豊かな文面で その季節のたいまぐらの様子を綴られ、自然の恵みを大切に生かした道具や料理は、都会の生活で忘れてしまった何かを思い出します。

智穂さんの暮らしぶりは、脱帽・・、というか素敵で
都会でぬくぬく・だらだら生活している私の経絡のツボに お灸または鍼を施術頂くようなメッセージを、勝手に解釈なんですが受け取ります。 

今月、人生の折り返し点が来ました。
 (とっくに過ぎているかも知れませんが、平均年齢的には・・。)
老眼になる前に やるべきことをできるだけ習得して
半生を振り返って、伝えるべきことは伝えなければ、と自分にハッパをかけてます。
posted by whitecoat at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

べるばら

s-verubara 001.jpg

プロバイダーに連絡して、ネットの繋がりは少し改善。
やっと投稿できるようになりました、、とはいえ まだおそっ。
けれどこの調子を維持してくれたら嬉しい・・・。

マリーアントワネットを観たというteardropstoneさんのブログを見て
そういえば、まだこんな雑誌を持っていることを思い出す。

昔々のベルばら映画、これもベルサイユ宮殿で撮影されて
主役のオスカルは漫画と違って可愛いくて、イメージ違って何だかな〜と感じました。
田舎住まいだったから映画館へは観に行かなかったし、この当時はビデオなんてなかったので、結局この一冊でご馳走様♪で終わりました。
なんてエコロジーなエネルギーコスト・・。

ただこの一冊見てしまった影響は大きく、TVでやっていたタカラヅカのベルばらが、化粧バリバリの怪しい演出に見えて興醒めしたのはよく憶えてますわ・・。
posted by whitecoat at 18:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

金柑はどうやって食べる?

s-070201kinkan.jpg

きんかんが美味しい季節です。

金柑を初めて食べたのは、実は結婚後のこと。
私は埼玉で生まれ育ちましたが、
大阪生まれの家人と一緒になるまで
ちょいと変わった?食べ物とは縁がありませんでした。

あけびもその一つ。結婚後初めてその紫の姿を目にしました。
初めて買ったとき、皮だけ炒めて味噌風味にしたところ
家人に 中身はどうした? と聞かれて 捨てた と答えたら
唖然とされてしまったこともあり。

金柑は 生食でも蜜煮・ジャムにするとか いろいろと楽しめますが
今更ながら、生食について皆様にご質問。

生食の場合、皮だけ食べますか?種は除いて丸ごと食べますか?

家人は 金柑は丸ごと口に入れて甘い皮の部分だけ囓り取って
囓り取った中身は丸のまま捨てる、そう子供の頃教わった と申しております。

子供の頃どう食べると教わった?と聞き返されたのですが
子供の頃は金柑なぞ食べたことがないと返事したら、ビックリされてしまいました。

今まで私は売り場の添え書きのとおり、丸ごと食べて良いと思って食べてましたが
皆さんはどうしてますか?

がーーん、ただ今家人から電話連絡あり。
八重洲口地下にあったPAULは昨日閉店だって・・重宝してたのにぃ!ショック!!
posted by whitecoat at 18:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。