2008年04月04日

腕時計の電池

腕時計の電池、だいたい、1年ほどでなくなってしまいます。

今日も腕時計を付けようと思ったら、電池切れで止まっていました。

あー、また電池交換しなくちゃ。
精密工具は一通り持っている家人に蓋を開けてもらって
電池の型番を見てもらったときに

「腕時計を頻繁に使わないときには、リューズを引いて秒針を止めておけば
電池がその分減らないよ」

な、なるほどーーー、早く言ってよ。


「普段1秒間隔で動く秒針が2秒おきになったら、電池がなくなっているサインだから」

へぇ、、、そうなんだ。

因みに、ムーブメントの止めっぱなしも良くないので(本当に動かなくなる可能性がある)、たまには時計として使うようにしてあげましょう。

という腕時計の豆知識でした。
posted by whitecoat at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92258065
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。