2008年02月05日

フルーツケーキ

s-080204 cake.jpg

自家製つけ込みフルーツを使ったケーキです。

焼き上がり1週間後から、お酒と油脂が全体になじんで美味しくなってきます。
乾燥しないようにラップで密封して冷蔵庫で保管すると、長期間風味を楽しむことができる
おとなのケーキです。


作り方
posted by whitecoat at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

冬のホウレン草

s-hourensou.jpg

この寒い時期のホウレン草は、甘みがありますよね。
特に、根本の紫がかったところ。
さっとゆでて、鮮やかな色になったほうれん草を切り分けて
ついつい待ちきれず、根本の部分を口に入れると
瑞々しい甘みが広がります。

こんなに美味しいものだから、菜っ葉を積極的に食べない家人に
食べてもらったら、ちょっと感動してホウレン草のおひたしが好きに
なってくれるのかと思いきや、

「この甘い香りが、つるむらさき系の香りに似ていて、嫌い。」

美味しいのにねぇ・・・。
posted by whitecoat at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

つけ込みフルーツ

s-080120 tukekomi.jpg

これを、「つけ込みフルーツ」と言っていいのかわかりませんが、
母が書くメモ書きにはそう書いてあるので、そう呼ぶことにします。

うちの母は昔から凝ったモノに挑戦するのが好きで
(それが継続してのちに大きく花開く・・・、とは別の話なのですが)
私が3,4歳の頃には、ガスオーブンを買って使っていました。
当時のオーブンにはコンべクション(対流させるファン)が付いてなくて
焼く時間もかかるし、火加減も難しいものだったようです。

クッキーを焼いたりケーキを焼いたり
片田舎のところでしたので、友達に羨ましがられていましたね。

今は美味しいものが巷にいっぱいあるし、道具が良くなってお菓子なんかが手軽に作られるようになった中、母が作るお菓子の中でロングヒットなものがあり、お裾分けするとすごく喜ばれることが多いものです。それはフルーツケーキで、ドライフルーツやりんごをお酒とともに1年間以上瓶貯蔵し、それを生地に混ぜこんでパウンドケーキにしたものです。

それが、「つけ込みフルーツ」で 近年母から分けてもらって
ケーキを焼いてなくなってきたら、材料をまぜてこしらえるようになりました。つけ込みフルーツを全部使い切ってしまうのではなく、少しだけ残して、新しいつけ込みフルーツに混ぜ込むんです。さながら、老舗のうなぎ屋が開店当初から代々使われてきた秘伝のタレ状態。

写真左が、最近仕込んだつけ込みフルーツ、右が2年ものです。

続きを読む
posted by whitecoat at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

梅仁豆腐

s-070702umenin.jpg

梅仁丹から作ったデザートではありません。

今年も梅ジュースを作り、梅ジャムも作り、残った梅の種。
種を割ると、白くて軟らかい 核(仁)が出てきます。
そのままでも食べられますが、家人が「これで梅仁豆腐を作ろう!」
と言うので、作らないワケには参りません。


続きを読む
posted by whitecoat at 21:36| Comment(3) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

タコとトマトのマリネ

s-070701 006.jpg

タコとイカは好き好んで食べる方ではありません。
給食のゴムのようなイカリングのトラウマのせいかもしれませんが。

大阪人家人と一緒になってから、たこ焼きを作るようになりました。
関西の味には馴染みがないし、どういう分量が美味しいたこ焼きなのかさっぱり見当もつかず、何度となく失敗するのですが、家人が作るとうまく出来上がります。さすがっ・・。

今日の昼は、数日前私の分量ミスでイマイチ味になったたこ焼きのリベンジ。
リベンジしなければ気が済まないのは、勿論家人ですが。
他の料理の失敗に対してリベンジしてとは言わないのに
なんでたこ焼きに燃えるんだろーか・・・。

タコが余ったので、夕食にタコとトマトのマリネを作ってみました。
考えてみたら、初めて作ったタコマリネ。タコ買わないもんね〜。
しかも↑圧倒的多数を占めているのは トマト
意外に?美味しかったです! 器:松岡洋二さん
posted by whitecoat at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

辰巳芳子さんの筍ご飯

s-070313 takenoko2.jpg

テレビ番組「料理家 辰巳芳子の四季」で
辰巳芳子さんが番組中で紹介していた筍ご飯の作り方。

筍の根本の部分を薄くスライスして千切りにしてご飯と一緒に炊く方法。
「筍をイチョウ切りにした筍ご飯が多いけれど、
 一度でも千切りにしたご飯を食べたら、
 絶対にこちらの方が良いと思うはず」


作ってみたら本当に美味しかった。家人にも好評。
家人好みで油揚げのみじん切りか鶏肉を一緒に炊くことが多いです。
今回は油揚げにしてみました。
ご飯は普段、胚芽米+丸麦なので、見た目もお味も野暮ったい筍ご飯です。
せめて木の芽をあしらえば、少し洗練されて春を感じたことでしょうか。
posted by whitecoat at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

らっきょうの甘酢漬け

s-06rakyou_hoshi.jpgs-06rakyou2.jpg

らっきょうの甘酢漬け 今年も作りました。

最初の頃は塩から漬ける荒漬けからやってましたが、発酵し始めると臭いのなんのって。
風呂場に置いても耐えられなくなったので、ベランダに置いてましたが
こりゃ近所迷惑沙汰です。

TVで、薄皮を剥いて洗ったらっきょうの上下を切り落とし、お酢+蜂蜜を沸騰させて 
このらっきょうに回しかけるだけで出来上がり、という作り方を知り、やってみました。

密閉の瓶に入れて唐辛子のスライスを入れ、らっきょうがよく漬かるまでは
空気に触れないように陶器の皿やラップで落としぶたを。

荒漬けから始める方法よりも、漬かる速度は遅いのですが、1年経っても
かりっとしたままの美味しいらっきょうの甘酢漬けになります。
荒漬けスタートものは、1年経つと柔らかくなっちゃいますね。

簡単で美味しい甘酢漬け 是非お試しあれ。


posted by whitecoat at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

桜ご飯と長明寺桜もち

伊豆・松崎町特産の桜の葉の塩漬け、ワンパックに50枚くらい入っていたでしょうか
桜の葉っぱが美味しいので、いろいろと作りました♪

s-sakuragohan.jpg

桜ご飯
とても簡単に作れます。桜の葉の塩漬けを使ってご飯を炊きます。
レシピはこちら
炊いた桜ご飯を水で塩抜きした桜の葉の塩漬けで巻いてみたら
オシャレになりました。桜の香りが楽しめてしかも美味しい!


s-sakurachoumyouji.jpg

長明寺桜もち(関東風桜もち)
桜もちには、もち粉を使う道明寺桜もち(関西風桜もち)と
クレープ風の長明寺桜もちがありますよね。
両方のレシピがこちらで紹介されています。

関東の桜の季節は終わりましたが、桜の葉っぱのお陰で
今年の「桜の食」は暫くの間、十二分に満喫いたしました♪




posted by whitecoat at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

桜餅・道明寺

s-060315 sakura1.jpg

昨年GWに伊豆・松崎町を観光しました。静かで穏やかな時間が流れる
町内を散策して、永楽堂さんで「長八さくら餅」と松崎名産品の桜の葉の塩漬けを
お土産に買ってました。

春になったので、ここぞとばかりに道明寺粉使って関西風の桜餅を作ってみることに。
この年になって初めて道明寺粉とやらを買ってみました。

道明寺粉とはもち米の細かい粒状になっているんですが、作り方を調べてみると
電子レンジで一気に作ったり、熱湯の中に一気に入れて攪拌してフタして蒸らす
とかありますが・・・やっぱり蒸し器を使うのが一番良い出来になりそうでしょうか??
ご存じの方、是非ご伝授を!!

道明寺は水加減が多かったのか柔らかくて・・・見た目は何とかサマになりました。

それにしてもこの桜の葉っぱは絶品です。塩加減の塩梅、柔らかさといい
そして桜の香り。これはお薦めですわ〜。

小泉商店の桜の葉の塩漬け

posted by whitecoat at 17:48| Comment(4) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

大人のエビチリ

私がいつも頼りにしているレシピサイト「男の料理」
なんてたって、家人の食いつきが違います(笑)

最近の大ヒットはいろいろあるけれど、「大人のエビチリ」
私はエビや蟹の下処理するだけで手が腫れ上がるので
極力、触らないように料理しないようにしていますが、
あまりにも美味しそう♪だったので挑戦することに。




続きを読む
posted by whitecoat at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

ダークチェりーのタルト

s-clafoutis.jpg

ダークチェリー(アメリカンチェリー)の季節も終わりに近づいています。
安く手に入ったらダークチェリーのタルトを作ってみましょう。

続きを読む
posted by whitecoat at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

はちみつ梅ジュース完成&梅ジャム

s-umejuce_first.jpgs-umejuce_finsh.jpg

初めて蜂蜜で挑戦した梅ジュースが完成しました!
氷砂糖の代わりに蜂蜜を入れる分量は、氷砂糖と同じです。
(梅1kgに対して蜂蜜800g〜1kg)
氷砂糖を使うときよりもジュースの出来上がりは早かったと思います。
 



続きを読む
posted by whitecoat at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

2年梅酒

s-0506umesyu.jpg

2年前から毎年梅酒を作るようになりました。
普通はホワイトリカーを使うのが一般なのですが、酒にもコダワル家人は
梅酒用にウオッカ・ブランデー・ラム酒・紹興酒を用意しました。

漬けて丸2年、飲んでみての感想。
ラム酒(Havanaclub 7年)は2年後非常に良い仕上がり。
ウオッカは1年後の方が良い味でした。今年になって
梅のえぐみが出てきました。
紹興酒は薬膳酒のような風味になってしまいました。

家人は辛口なので、梅酒に入れる氷砂糖をかなり控えめにするのが
仕上がりにも大きく左右しているとは思いますが、梅は漬けすぎると
えぐみがでてくるので、引き上げるタイミングも今後経験を重ねる
必要がありますね。

何はともあれ、自分好みの梅酒を作れるのが醍醐味、是非おためしを。
さて、うちでは今年、どんなお酒で漬けようか・・・。

梅酒の作り方はこちら

ハバナクラブ7年 40度 750ml
posted by whitecoat at 12:52| Comment(4) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

ちりめん山椒をつくる

s-misanshou1.jpgs-sanshou_jyako.jpg

実家から採りたての実山椒を頂きました。
(実山椒はこの時期大きな青果屋さんに行くと、見かけることが多いですよ。)

早速下処理をしてじゃこと炊き合わせます。
作り方は こちら、みりんは入れず、酒とだし醤油だけで炊くのが我が家流です。
父の日のプレゼントに喜ばれますよ!

やっぱり作るのはめんどくさい!という方には↓
・京都「こと路」のちりめん山椒
ちりめん山椒 小セット 
ちりめん山椒 大セット 
posted by whitecoat at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

今年も青梅ジュースを作ろう♪

今年の5月は肌寒い日が結構多かったですね。
昨年の今頃にはすでに青梅ジュースを作っていたのですが、今年は店頭に
ぼちぼち並び始めたところです。

青梅ジュースの作り方は至って簡単!
でもちょっと待ってください。一気に沢山作ると保管場所に苦労するので
(特に冷蔵庫)よーーく準備してから取りかかってくださいね♪

・青梅ジュースの作り方

梅の果汁を出す瓶は、きちんと密閉できるものを選びましょう。
途中、瓶を揺らしたり逆さにする時に密閉の甘いものだと折角のシロップが隙間から
しみ出てしまいます。

私のオススメはセラーメイト、他にぐっとオシャレな瓶はいっぱいありますが
使い易さ・洗浄のしやすさにシンプルな形状が気に入っています。冷暗所に保管
するので見た目は気にならないし・・。大型スーパー・百貨店でよく見かけます。

梅酒・食料保存に- セラーメイト密封瓶2L -
機能がちがう!セラーメイト 蜜封びん 1L 「楽天シニア市場」

毎年、氷砂糖で作っていたので今年は蜂蜜で青梅ジュースチャレンジしようと思ってます。
青梅を使った梅醤油も簡単でオススメ!味もgood!、お試しあれ。
posted by whitecoat at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

麦こがしのシフォン

口コミで、麦こがしのシフォンケーキを作ってみたら美味かったとの情報を聞くと
作らないわけには参りません。

富沢商店で麦こがしを購入して、本屋の店頭でレシピをチェックしてみました。
(本屋さんすいません)
4579208838+αのシフォンケーキ―お米、山いも、豆腐など27のバリエーション
下井 佳子
文化出版局 2003-12

by G-Tools



続きを読む
posted by whitecoat at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

うすい豆

s-usui_saya.jpg

先日、書店で春らしい装丁の本を手に取ってみました。
渡辺有子さんの「春には豆ごはんを炊く」という本です。
その中で、うすい豆グリーンピースの「違い」について紹介があって
何でも、うすい豆の方が柔らかく、うすい豆ご飯が美味しいとのこと。
そう言えば、スーパーで「うすい豆」を見たことがある記憶が・・。

続きを読む
posted by whitecoat at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

安い牛すじでハヤシライス

s-Beef_hayashi 001.jpg

BSE騒動以後すっかり牛肉離れ気味の我が家ですが、牛はやはり美味しい食材なので利用したいもの。安くて安全(と思われる)和牛またはオーストラリアの牛すじを煮た出汁を利用して、ハヤシライスを作りました。市販のドミグラスソースを使わない、一から手作りなのに、以外と簡単に作れます。
続きを読む
posted by whitecoat at 11:51| Comment(0) | TrackBack(1) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

うるいのシンプル炒め

s-urui.jpgs-urui_i.jpg

春先になると 「うるい」 という山菜をよく見かけます。
これだけ市場に出まわっているのは山菜ではなく、農家で栽培している野菜だとは思いますが、クセのない、みずみずしい食感なので、どなたにも好まれる食材なのではないでしょうか。

「うるい」を初めて食べたのは、山形・蕎麦街道の次年子(じねんじょ)とある一軒の蕎麦屋さんです。

あの付近では主婦達が集まって蕎麦を打っているんですね。立ち寄ったその蕎麦屋で、粗々しいのですが、蕎麦の香りがいっぱいの蕎麦を堪能してきました。
おまけで出てきたのがうるいの油炒め。うるいは地場の山菜で、シンプルに油で炒めただけ。
「醤油をかけて食べてみて、美味しいから」 おばちゃんに言われるがまま食べてみると、それが美味しいの何のって・・。

以来、毎春になると一度はうるいの油炒めを作ります。
写真は「雪うるい」 というもの、葉の色が薄いものです。
普通の「うるい」 は葉の部分の緑色が濃いですが、同じ調理で大丈夫です。

ざく切りにして胡麻油で炒めるだけ、醤油をかけて好みで鰹節など。オススメです!
他、生サラダでも、浅漬け、天ぷらなど、他いろいろな方法でうるい料理を楽しみましょう♪
posted by whitecoat at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

豆腐しゅうまい

s-toufusyumai_2.jpgs-toufusyumai_3.jpg

先日TVで、とある豆腐屋さんのしゅうまいの作り方を見て、
一念発起!作ってみました。

えびのむき身をすり鉢ですり、おからもすり合わせます。
【重量】えび:おから=(3〜4):1 くらい。
(エビの食感を残す場合には、粗くすりおろす程度に止める。)

長葱のみじん切りと生姜の絞り汁少々、少々と、
胡麻油はちょっと多めに混ぜ合わせてください。
勿論、フードプロセッサで一気に作ってもOK。

タネをシュウマイの皮で包み、器に並べて
(ミニ蒸籠があるとベスト!)3分ほど蒸します。

出汁+醤油+酢少々で作るタレで頂くのが美味しい!
おからの程よい軟らかさと、エビのぷりっとした食感を楽しんでみてください。
ヘルシーでカンタンで美味しい一皿です♪
posted by whitecoat at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | slow*slow cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。